みどり野会とは

みどり野会Q&A

Q1.  みどり野会の名前の由来
Q2. 「みどり野会」の創設期
Q3. 「みどり野会」の目的
Q4. 「みどり野会」の活動の歴史
Q5.  会員資格
Q6. 「みどり野会」本部について
Q7.  メサイア演奏会


 

Q1.「みどり野会」の名前の由来A1.「みどり野会」という名前は1920年(⼤正9年)に、旧約聖書(⽂語訳)詩篇第23篇「主は我が牧者なり我乏しきことあらじ主は我をみどりの野にふさせいこひの水濱(みぎは)にともなひたまふ」から名付けられました。神さまによってこの学院に呼び集められた私たちが、卒業後再び⺟校に集まり、いこいの時を過ごす、という意味です。

 

Q2.「みどり野会」の創設期

A2.⾦城学院の最初の卒業生は1894年(明治27年)に送り出されました。しかし、正式に同窓会として設⽴されたのは1903年(明治36年)のことです。

 

Q3.「みどり野会」の目的

「キリスト教精神に培われた、教養あふれる女性の育成」という金城学院の建学の精神に基き、会員のための講演会や演奏会を催したりしています。そして母校の発展をお手伝いすることも大切な役割です。

 

Q4.「みどり野会」の活動の歴史

1918年(大正7年)に学院からの「専門部設立」の支援呼びかけに応えて、「みどり野会」では募金を集めるために音楽会を開催しました。1921年(大正10年)の秋には大々的にバザーを開催し、収益を学院に寄付しました。1923年(大正12年)の関東大震災には、直ちに救援活動を展開しました。これが後の伊勢湾台風や阪神・淡路大震災の被災地の救援活動にまでつながるのです。

 

Q5.会員資格

金城学院の卒業生や修了生であればだれでも「正会員」です(但し幼稚園は除きます)。他に「準会員(在校生)」、「特別会員(現職または退職された専任職員)」の人たちもいらっしゃいます。

 

Q6.「みどり野会」本部について

金城学院中学校北側に白百合館があり、白百合館一階にみどり野会事務局本部が置かれています。この会館は会員のみなさまの教養の向上と親睦を図るために、開放しております。金城学院大学本部棟4階にも「みどり野会」の分室があります。

 

Q7.メサイア演奏会

ヘンデル作曲のオラトリオ「メサイア」は、同窓生の方なら必ず一度はお聴きになったことがあるでしょう。現在、学院主催の「金城学院メサイア演奏会」とみどり野会協賛の「ヘンデル協会メサイア演奏会」が開かれています。

行事案内はこちら

★金城学院メサイア演奏会・・・1952年2月17日に栄光館で開催されて以来中学生・高校生・大学生の他、教員や公募ボランティア等、多くの方々により、毎年演奏されます。

★ヘンデル協会メサイア演奏会…金城学院大学の部活の活動として「クワイア・聖歌隊」が生まれ、創始者の比嘉ウタ先生と部員・一般協力者の努力によって、「ヘンデル協会」が結成され、1966年1月に第一回の演奏会が開かれました。
第18回から「みどり野会」が基盤を引き継ぎ同窓生が主となり運営してまいりました。団員は金城学院同窓生と共に一般の学生から社会人の各年齢層の方々へと広がり、愛知、岐阜、三重など広範囲から参集しています。
このところ4月より練習を開始しており、一度歌ってみたいと思われる方は、ぜひご参加ください。

「演奏会案内」「団員募集」については「名古屋でメサイアを歌い通けるヘンデル協会」「検索」でご覧ください。
ヘンデル協会・ホームページ http://handel-nagoya.holy.jp
お問い合わせ        info@handel-nagoya.holy.jp

<メサイア募金へのご協力のお願い>
以前の様な公的支援はありませんのでより良い演奏に向けての多くの皆様のご支援・ご協力をお願いしております。
「賛助金」として下記の「郵便振り込み口座」をご利用下さいます様何卒よろしくお願い申し上げます。
ゆうちょ銀行
加入者名:ヘンデル協会 振込先:記号 00830-0 番号 136165